アンダーヘア処理(脱毛)は女性の身だしなみ!

 

アンダーヘアーの処理を取りを行うのは当たり前!?

 

 

アンダーヘアーは、女性の方なら昔からある程度は意識してアンダーヘアー処理していると思いまが、「まったく処理していない」、「夏だけ処理する」という人も多いと思います。

 

しかし、近頃では、アンダーヘアーを、年中しっかり処理する人が多くなったようです。アンダーヘアーを「ツルツル」に全て無くしてしまう「ハイジニーナ」にも注目が集まっています。

 

ハイジニーナとは?

ハイジニーナとはVライン(ビキニライン)、Iライン(ビキニラインから股にかけて続くライン)、そしてOライン(肛門周り)のムダ毛すべて脱毛してツルツルの状態です。

 

ハイジニーナに注目が集まったのは、アメリカの人気ドラマで「ハイジニーナ」は当たり前のように紹介されたことがあります。つまり、アメリカや欧米では、アンダーヘアーはすべて処理するのが好ましい状態なのです。日本では、まだ、アンダーヘアーを全て無くす事に抵抗があると思いますが、日本でも「ハジニーナ」にする方が増えてきています。

 

男性は、「女性のアンダーヘアーは薄いほうが好き」というアンケート結果もあるようですし、全てない「ハイジニーナ」が好きという方も実は非常に多いという報告もあります。

 

アンダーヘアーが処理していないと、いろいろと困ることがあります。主に次のような事柄です。

  • はみ出し毛が常に気になる!
  • 彼氏、夫にイヤがられる、評判が悪い!
  • 生理などの時に不衛生になりやすい!
  • 下着や水着の種類が限られる!
  • ずぼらでだらしない人に見られる!

上記のことからも、たかが、アンダーヘアーの処理ですが、絶対に「ちゃんとムダ毛処理」行った方がイイと思いますよ。

 

アンダーヘアーを処理する方法は、色々とあります。次は、その「アンダーヘアーの処理方法」について説明します。

 

アンダーヘアの処理(脱毛)方法

アンダーヘアーを処理は、いくつかありますが、大まかには、「自分で行う」、「施設でしてもらう」に分けることができます。

 

自分でアンダーヘアーを処理する!

 

自分でアンダーヘアーを処理する場合は、「恥ずかしくない」という点が大きなポイントです。しかし、自分では、見えない所もあるのでキレイに処理できないことが多いとも言えます。

カミソリ・シェーバーで剃る!

アンダーヘアーを「カミソリ」や「シェイバー」で剃って処理する方法は、最も一般的なので、多くの方が実践している方法です。なんと言っても、「簡単」で「手軽」でお金も掛かりません。しかし、一番の難点は、「またすぐに生えてくる」ことです。

【良いポイント】:簡単で手軽でリーズナブル!
【悪いポイント】:すぐにまた生えてくる!

毛抜きで抜く!

手抜きなどでアンダーヘアーを抜く方法は、部分的によく行う方法です。しかし、広範囲に向かない方法で、肌にかかる負担がとても大きいので出来るだけやめたほうが良い方法です。また、抜いても、「もう生えてこない」と言うわけではありません。

【良いポイント】:部分的なら簡単に出来る!
【悪いポイント】:広範囲に不向き。肌に負担が大きい。また生えてくる!

除毛剤・除毛クリームで処理する!

手軽にムダ毛を素早くキレイに処理できるのが、除毛剤(除毛クリーム)ですが、アンダーヘアー、特にデリケードドーンの近くに使うのは、「危険」です。除毛剤(除毛クリーム)には、科学的な成分を使っていることが多い為です。もし、使う場合は、アンダーヘアーへの使用を認めている商品を必ず選びましょう。

【良いポイント】:特になし
【悪いポイント】:デリケートゾーンへの使用は危険!

抑毛剤・抑毛ローションで処理する!

ムダ毛を徐々に薄くして、ムダ毛を少なくしてくれるのが、抑毛剤(抑毛ローション)です。自然由来の成分を生かした商品も多く、顔やデリケートゾーンでも使えます。すぐにムダ毛がばくなるなどの即効性はありません。使い続けることで徐々に効果を発揮します。使い方は、一度、「シェイバー」などでムダ毛を処理した後のケアに使うことで、再び生えてくるのを、「抑制」して、徐々にムダ毛を薄くして生えずらくしてくれます。(おすすめ商品をこの項目の後に紹介しています!

【良いポイント】:刺激少なく安心して使える。ムダ毛を薄くしてくれる!
【悪いポイント】:即効性ない!使い続ける必要ある!

ワックス脱毛する!

ワックス脱毛は、アメリカなどで一般的な「アンダーヘアーの処理」方法です。多くの女性が、この方法を実践しているようで、アメリカのアマゾンの売り上げで、「脱毛ワックス」がロングセラーのようです。日本でも、通販で入手可能です。しかし、ワックスは「抜く」要素が大きく肌に負担の掛かる脱毛方法です。肌に不安があったり、痛いのが嫌いな方には向いていません。

【良いポイント】:素早く脱毛(効果は約2か月)できる!
【悪いポイント】:抜くのとても痛い。肌に負担が掛かる!

家庭用脱毛器で脱毛する!

自宅で使える家庭用の脱毛器を使ってアンダーヘアーを処理する方法です。家庭用とはいえ、それなりのパワーがあるので、デリケートゾーンの近くでの使用は避けたほうが無難です。使用する場合は、【Vゾーン】のみに留めることをおすすめします。

【良いポイント】:手軽に恥ずかしくなく自宅で脱毛(半永久)できる!
【悪いポイント】:施術は箇所は【Vライン】に限定。脱毛器の購入が必要。少し痛い。

 

 

施設でアンダーヘアーを処理する!

施設でのアンダーヘアー処理は、「きれいに処理出来る」点が利点ですが、費用が掛かる点が難点です。また、人に「見られるのが恥ずかしい」というポイントも知っておく必要があります。

脱毛サロンで「ハイナジーナ(VIO)脱毛」する!

脱毛サロンで、アンダーヘアーを処理してもらう方法です。水着で最も気になる【Vライン】は、脱毛メニューの中でも最も人気のある部位の一つです。また、アンダーヘアーを全て脱毛してしまう「ハイジニーナ脱毛」も人気です。

【良いポイント】:キレイに脱毛(半永久)出来る!半永久的にアンダーヘアーが気にならない!
【悪いポイント】:費用が掛かる。通い続ける必要がある。アンダーヘアー部分を見られるので恥ずかしい!

美容クリニックで医療脱毛(永久脱毛)する!

脱毛サロンより強力な装置で脱毛するので「永久脱毛」できるのが美容クリニックの脱毛です。医療機関なので、皮膚へのダメージについても細心のケアで安心です。

【良いポイント】:キレイに脱毛(永久脱毛)出来る!永久的にアンダーヘアーが気にならない!
【悪いポイント】:脱毛サロンより費用が掛かる。通い続ける必要がある。脱毛サロンに比べて施設が少ない。アンダーヘアー部分を見られるので恥ずかしい!

ワックス脱毛施設で脱毛する!

ワックス脱毛を施術してくれるサロンに通う方法です。自分では、手が回らずにキレイに脱毛できない場合がありますが、サロンでの脱毛ならキレイに脱毛できます。効果は自分でワックス脱毛する場合と同じだと思われます。永久脱毛ではないので定期的なメンテナンスが必要です。

【良いポイント】:すぐに脱毛出来る!
【悪いポイント】:費用が掛かる。また生えるのでメンテナンスが必要。脱毛サロンに比べて施設が少ない。アンダーヘアー部分を見られるので恥ずかしい!

アナタに合う「アンダーヘアー処理(脱毛)」方法を選ぶ!

 

アンダーヘアー処理の方法は、自分に合った方法を選ぶことが大切です!

 

「18歳未満」の方のアンダーヘアー処理方法のおすすめ

シェイバー(カミソリ)で剃るのが、一般的ですが、一番のおすすめ方法は、シェイバー(カミソリ)で剃った後、「抑毛剤(抑毛ローション)」でケアする方法です。ツルツルを長持ちさせることができますし、徐々に、アンダーヘアーを薄くしてくれる効果もあります。

おすすめ処理方法:シェイバー(カミソリ)で剃った後、「抑毛剤(抑毛ローション)」でケアする!

 

面倒なアンダーヘアー処理から永久・半永久に開放された人

アンダーヘアー処理から永久に開放されるには、「脱毛サロン」や「美容クリニック」で【脱毛】を受ける必要があります。しかし、費用や通う手間が掛かるので、十分に検討して決める必要があります。ただ、お安く脱毛を受けられる「キャンペーン」などを上手く利用すると、思っているよろ費用が掛からない場合もあります。

おすすめ処理方法:「脱毛サロン」や「美容クリニック」で脱毛を受ける!

 

恥ずかしいから自分で「脱毛サロン」のような脱毛効果の高い処理をしたい人

キレイに脱毛したいけど、「脱毛サロン」や「美容クリニック」は、「はずかしい」、「通うのが面倒」などの理由で通えない人には、「家庭用脱毛器」で自分で処理するという選択肢もあります。しかし、施術は、【Vライン】のみにしておくのが無難です。水着ではみ出さない程度で良いなら問題ありません。自分で行うので、「脱毛サロン」のようには、キレイに出来ない場合もあります。

おすすめ処理方法:「家庭用脱毛器」で自分で処理する!

 

時間が掛かっても良いのでアンダーヘアーを薄くしたい人

「脱毛サロン」や「美容クリニック」は高額だし、面倒くさい、でも、出来るだけアンダーヘアーを少なくしたいという方には、「抑毛剤(抑毛ローション)」でのケアをおすすめします。日頃は、シェイバー(カミソリ)で剃り、そのケアで「抑毛剤(抑毛ローション)」を日々、使うことで、ムダ毛が生えるのを抑制してくれるので、「ツルツル」がキープ出来ますし、少しづつムダ毛を少なくしてくれます。

おすすめ処理方法:シェイバー(カミソリ)で剃った後、「抑毛剤(抑毛ローション)」でケアする!

 

アンダーヘア処理にオススメの【脱毛サロン】ランキング

アンダーヘアー処理におすすめの【脱毛サロン】を紹介します。

 

 

ミュゼプラチナムの特徴

「Vライン」がとてもお得に「脱毛」出来ます!

脱毛業界の最大手級「脱毛サロン」がの「ミュゼプラチナム」が提供する初めての方限定の「両脇+Vライン美容脱毛完了コース」がとてもお得です。

アンダーヘアーとしては、「Vライン」だけですが、普通の水着なら「はみ出し」が気にならなくなります。「Vライン」だけの脱毛で満足する方には、とてもお得です。

もちろん、「両脇」も脱毛できるので、脱毛初心者には入門をしてとてもおすすめです。

また、ミュゼプラチナムは、店舗数も多いので、とても通いやすのお魅力です。

価格 1000円
評価 評価5
備考 両ワキ+Vライン美容脱毛官僚コース:¥1000円
 

エステテックTBCの特徴

大手エステサロンのアンダーヘアーの脱毛コース!

エステサロンの大手「エステテックTBC」が提供する初めての方向けアンダーヘアー脱毛が、「VIO・5脱毛2回プラン」です。

V・I・Oのすべての脱毛を行うので「ハジニーナ」を実現できるコースになっています。

大手エステサロンなので安心感あり、高品質のサービスを受けられます。

価格 5000円
評価 評価4.5
備考 VIO・5脱毛2回プラン:¥5000円
 

エピレの特徴

エステテックTBCが運営の脱毛専門サロン!

エステサロンの大手「エステテックTBC」が、脱毛専門のサロンをプロデュースしました。

初めての方向けのファーストプラントとして、「VIO・5脱毛(2回)」を提供中です。アンダーヘアー(VIO)を全て脱毛できます。

サービスは「エステテックTBC」とほぼ同じ内容、品質となっているので安心できます。



価格 5000円
評価 評価4.5
備考 VIO・5脱毛2回:¥5000円
 

ピュウベッロの特徴

ハイジニーナ脱毛に定評の脱毛サロン!

老舗の脱毛サロンとして、オーダーメイド可能な商品設計と経験豊富なカウンセラーで脱毛経験者に評価の高いサロンです。

人気コースが、ハイジニーナ脱毛です。Vライン、Iライン、Oラインすべてのアンダーヘアーの脱毛できます。

価格 3000(月額)円
評価 評価3.5
備考 ハイジニーナ6回コース:¥3000円(月額) 一括:¥43000円

アンダーヘア処理にオススメの【美容クリニック】ランキング

アンダーヘアー処理におすすめの【美容クリニック】を紹介します。

 

 

湘南美容外科クリニックの特徴

有名な美容クリニックのアンダーヘアー脱毛!

美容クリニックと有名な「湘南美容外科」の医療脱毛です。医療脱毛は、「脱毛サロン」よりパワーがるので、通う回数は少なくて済みます。

「湘南美容外科」は、全国に医院を多く展開しているので、症例数も多く安心して脱毛を受けることができます。

アンダーヘアーの脱毛は、「ハイジニーナ・VIO」6回コースが、【¥81000円】などがラインナップしています。

価格 81000(6回分)円
評価 評価5
備考 ハイジニーナVIO(6回コース):¥81000円
 

KM新宿クリニックの特徴

ハヤブサ脱毛で業界最速で痛くない!

最新の医療レーザー(ハヤブサ脱毛)で業界最速級で脱毛出来ていたくないと評判の美容クリニックです。

今までは、毛根の黒色に反応させて毛母細胞を破壊していましたが、毛根ではなく「発毛因子」を破壊する新しい方式なので、痛みがなく肌にやさしい脱毛を受けることができます。

料金は、アンダーヘアー全体(V全体)で【¥40000(5回)】、Vラインのみだと【¥20000(5回)】のようになっています。

価格 75000(5回分)円
評価 評価4.5
備考 Vライン脱毛コース(5回分):¥75000円
 

フェミークリニックの特徴

あなたに合ったオーダーメイド医療脱毛!

肌質や毛質に合わせて丁寧にカウンセリング、施術してくれる美容クリニックです。

肌への負担を考えながら、5種類のレーザー脱毛器を使い分けてきれいな仕上がりを実現しています。

アンダーヘアーでも痛みが少ないので安心です。

価格 98000(5回分)円
評価 評価3.5
備考 エチケット脱毛(5回):¥98000円
 

渋谷美容外科クリニックの特徴

17年間も愛され続ける老舗の美容クリニック!

開業17年で25万人の症例数を誇る老舗の美容クリニックです。

いろいろなパーツを組み合わせた脱毛プランを選ぶことができます。VIOの全脱毛が、【¥50000(5回)】、Vラインのみだと【¥8000(5回)】のような料金になります。

時間が気になる方にうれしく、23時までの脱毛診療を受け付けています。

価格 50000円
評価 評価3
備考 V全処理:¥50000円 Vライン:¥8000円
 

アリシアクリニックの特徴

価格・仕上がりに満足度の高い美容クリニック!

医療脱毛専門の美容クリニックなので、コスト削減を実現してリーズナブルな価格で医療脱毛を提供しています。

「脱毛サロン」に比べて通う回数が少なくて済むので、「月額」が同程度だと、医療脱毛の方がお得に脱毛できます。

アンダーヘアーのプランは、「VIO・8回コース」で【月額¥3000円(36回払い)】などがあります。

価格 3000(月額)円
評価 評価3
備考 VIO8回セット:¥3000円(月額)

アンダーヘア処理にオススメの【抑毛剤(抑毛ローション)】ランキング

アンダーヘアー処理におすすめの【抑毛剤(抑毛ローション)】を紹介します。

 

 

コントロールジェルMEの特徴

天然成分が主原料で肌にやさしい!

エステサロンでも推奨される「ハイクオリティー」な抑毛ローション。天然成分を主成分としているので、肌に敏感な子供でも使えるアイテムです。

刺激も少ないので「アンダーヘア」にも安心して使えます。

アンダーヘアーは、一度、該当する箇所をシェービングした後に、ボディーローションとして毎日、お使いください。即効性があるわけではありませんが、徐々に、ムダ毛を薄くしていき、目立たなくしてくれます。

価格 5300円
評価 評価5
備考 初回単品:¥5300円 通常:6980円
コントロールジェルMEの総評

満足できない場合は、60日の保証期限なら返品OKです。安心して試してみてください。

 

パイナップル豆乳ローションの特徴

抑毛ローションの大ヒットアイテム!

大豆のイソフラボンとパイナップルエキスを主な成分として作られている、安心の抑毛ローションです。

ボディーローションとして使えば、少しずつムダ毛を、細くし薄くしてくれます。

アンダーヘアにも安心して使えます。


価格 2700円
評価 評価4
備考 単品:¥2700円
 

ネオ豆乳ローションの特徴

豆乳ローションの育て親「ドクター・高須」が開発!

貴重な大豆胚芽をたっぷりと使用した豆乳ローションは、高い抑毛効果を発揮します。

豆乳がムダ毛を抑えることを発見した「ドクター・高須」が、自身で開発、プロデュースしたのが、この「ネオ豆乳ローション」です。

他の豆乳ローションよりも効果が高いという声も聞かれます。

価格 4104円
評価 評価3.5
備考 単品:¥4104円

アンダーヘア脱毛の疑問

アンダーヘアの処理を脱毛サロンや医療脱毛で行う場合の疑問について簡単に説明します。

 

アンダーヘアで脱毛可能な部位は?

アンダーヘアの処理を脱毛サロンや医療脱毛で行う場合、施術可能な部位としては、アンダーヘアと呼ばれる全ての部位が可能となります。ですが、呼び名によって、施術部位が分かれますから、脱毛サロンや医療脱毛を行う場合には、部位を増やすごとに金額が加算されていきます。大抵の脱毛サロンや医療機関での脱毛の場合、施術可能な部位の呼び名としては、Vライン、トライアングル上、トライアングル下、Iライン、Oラインに分かれています。

 

どのようなアンダーヘアの脱毛コースがある?

ハイジニーナコースと呼ばれる場合が多く、全ての部位の施術がセットになっているようなコースとなります。コース契約にする場合と、部分別にアンダーヘアの脱毛を施術してもらう場合との違いとしては、コース契約にすると、自分好みのアンダーヘアの形にすることが出来るという部分が大きな違いとなるでしょう。

 

デリケートな部分だけれども痛くない?

アンダーヘアの処理をレーザー脱毛やフラッシュ脱毛で行う場合、初めのうちはどちらも強い痛みが伴います。デリケートな部分は特に粘膜付近となり、骨も近いですから、光の照射により、ズキンとするような痛みが出ます。

 

アンダーヘアの脱毛による副作用の心配は?

脱毛を取り入れたアンダーヘアの処理を取り入れる場合、副作用が心配だという人もいます。光を照射することで、日焼けをしたり、がんになってしまうのではないかと考える人が多いとされているのです。フラッシュ脱毛やレーザー脱毛には、副作用は存在しません。

 

どのくらいの期間でアンダーヘアがなくなる?

できるだけ通う回数を少なく、少しでも早くムダ毛がない状態を作り出したいという人も多いですから、施術回数や効果をしっかりと把握しておく必要があります。脱毛サロンの場合、トータルでは15回から20回程度で完了としているような脱毛サロンが多くなっています。

 

 

脱毛を受ける場合の注意点

 

アンダーヘアの処理を脱毛サロンや医療脱毛で行う場合の注意点について説明します。

各種キャンペーンの価格に注意!

各種の脱毛施設では、キャンペーンとして、特別価格で、1〜数回分を格安価格で脱毛施術を提供している場合があります。しかし、その価格が安いからといっても注意が必要です。それは、脱毛を完了する為には、それ以上の回数、通う必要があるためです。キャンペーンの以降の、脱毛が高ければ何の意味もありません。脱毛完了までの費用を考えて脱毛施設を選ぶのが大事です。

予約が取りずらい脱毛サロンに注意!

脱毛サロンなどでは、思うように予約が取れずに、脱毛が思うように進まないとい声もあります。大手脱毛サロンでは、激安のキャンペーンで多くの人を勧誘するので、キャパシティーがオーバーしているような状態です。脱毛をスムーズに進めたければ、予約が取り易い脱毛施設を選ぶのも必要です。

日焼けには注意!

多くの脱毛サロンが採用している脱毛機は、「黒色」に反応して、レーザー(フラッシュ)を照射し毛根にダメージを与える方式を採用しています。その為、脱毛部位の肌が黒いと、上手く脱毛できない事態になります。脱毛中は、日焼けしてはいけないのはそのためです。しかし、アンダーヘアの場合、あまり日焼けする個所ではありませんが、注意しておきましょう。

脱毛箇所は事前にシェービングが必要!

脱毛サロンで脱毛を受けるには、事前に自宅で、脱毛個所のムダ毛をシェイビングする必要があります。ムダ毛が残っていると、業者によっては脱毛施術が受けられない場合もあるようです。但し、業者によっては、シェービングも行ってくれる脱毛施設もあります。カウンセリングにその点についても確認することをおすすめします。

クリーンオフ・中途解約について知っておくことが必要!

脱毛を完了する為には、長期間に渡り脱毛施設に通う必要があり、契約費用も高額になることがあります。その為た、強引な勧誘な、その場の雰囲気でよく考えずに契約してしまった等の場合には、【クリーンオフ】により契約を破棄することができるので、その条件について知っておく必要があります。

 

クーリングオフの大まかな条件

  • 契約をした日から8日以内(8日目の消印まで有効)
  • 契約期間が1ヶ月以上
  • 契約金額が総額5万円以上(法律上は契約金額が5万円以上ですが、美容サロンの業界では5万円未満でも返金制度があって返金される業者が増えています。契約時のときに契約についてしっかり確認しましょう。

中途解約については、一般的に、【違約金】を支払う必要があります。条件については、脱毛施設によって変わってくるので、カウンセリング時にしっかり確認しておきましょう。

 

【まとめ】アンダーヘア脱毛で女子力アップ!

女子力の高いく意識の高い女性は、アンダーヘアを「キレイ」に処理してます!

 

VIOすべてを脱毛している方も、最近では多くなっていますが、最低限、ビキニラインとも呼ばれる、「Vライン」は最低、脱毛しています。

 

水着での「はみ出し」は、致命的ですからね。

 

ムダ毛が気になって、「楽しめない」なんてことがないように、しっかりとアンダーヘアは処理して行きましょう!

 

また、アンダーヘアをキレイに脱毛していると、【男性】にとても、受けがいいのは確実です。

 

是非、「アンダーヘア脱毛」して、人生を楽しんじゃいましょう!

 

 

 

最後に・・・。

 

この度は、当サイトに訪れて頂いてありがとうございます。

 

「アンダーヘア」の悩みから解放されることをお祈り申し上げます。